ゴルフの規定打数はどのようにして決まるのか

ゴルフ

ゴルフの各ホールの規定打数(パー)は、ティーイングエリアからパッティンググリーンの中央までの距離を参考に決められています。

男性の場合は、距離が250ヤード以下であれば3打、251~470ヤードの範囲内なら4打で、これより距離が長ければ5打以上が設定されるのが一般的で、これはプロでもアマチュアでも同様です。しかし、ゴルフ場の形状や地形、プレーするゴルファーの技量によってはこの限りではなく、300ヤード前後のホールなのにもかかわらずパー3とされたり、500ヤードを少し超えるホールをパー4とされていたりすることがあります。

例えば、現在の日本の男子プロゴルフツアーにおける最長ホールは茨城県鉾田市のゴルフ場にある705ヤードのホールで、上記の基準に照らし合わせればパー6と設定されるところですが、規定打数は5打となっています。ここはゴルフ場のオーナーの「世界基準のコースをつくりたい」という思いが具現化されているホールで、ドライバーの平均飛距離が300ヤードを超える、俗に飛ばし屋と呼ばれている選手であればバーディーを狙うことが可能ですが、そこまでの飛距離が無い日本の選手にとっては気候の条件が整っていたとしてもバーディーが非常に難しいといわれています。

このように、距離が長いのにもかかわらず規定打数が少なめになっているホールは世界中にあり、ところによってはそのゴルフ場の名物となっていることがあります。

ゴルフ場バンカー